Hydroponics farm management 水耕栽培農園運営事業

水耕栽培とは、土を使わずに農作物を栽培する方法のことです。適している植物はリーフレタス、サラダ菜、ミツバ、ミズナなどの葉菜類が主であるが、近年ルッコラ、リーフレタス、トマト類、イチゴなども栽培可能です。

水耕栽培の特徴

FEATURE01 季節に関係なく安定して作物を365日間収穫できる。
FEATURE02 敷地面積あたりの収穫量が多く、歩留まりも高い。
FEATURE03 土を用いないため雑菌や病害虫の影響が少なく、農薬の使用も最小限で済むため安全な作物が作れる。
FEATURE04 常に最適量の水分や栄養素を作物に供給できるため、作物の品質が土壌に影響を受けない。
FEATURE05 水耕栽培は、環境制御されたハウスで栽培を行うため、気象条件にも影響を受けないため、砂漠や山頂など、どこにでも野菜や果物の生産が可能。
FEATURE06 高設ベンチ方式を用いることにより、栽培作業位置の高さを調整できるため、無理な姿勢による作業者の負担が少ない。
FEATURE07 設備装置の制御を自動化できるため、農業経験の少ない作業者でも栽培が容易。
農園外観:太陽光利用型植物工場
栽培室内部:モバイルベンチ方式

レタス栽培設備

モバイルベンチ栽培

①播種
②育苗
③定植
④栽培(ステージⅠ)
⑤定植
⑥栽培(ステージⅡ)
⑦収穫
⑧ベンチ洗浄

多段式栽培

概 要

高さ:約2m 幅:約1.7m
段数:7段 計14ライン 水計:1系列