Woody biomass power generation 木質バイオマス発電事業

日本国内で年間8000万立法メートルずつ増加している森林資源を利用して発電を行います。チップ工場でチップ化された間伐材等の未利用木材を燃料として、バイオマスガス化発電所で2メガ規模の発電を行います。

間伐材等の未利用木材を利用することで、荒れた山の整備が進み、治山治水に貢献できること、木質バイオマス発電は、カーボンニュートラルであるため、CO2削減に貢献できること、地域の雇用創出に貢献できることが、事業目的に挙げられます。

輪島バイオマス発電所

石川県輪島市において、チップ工場およびバイオマス発電所を建設。

左:輪島バイオマス発電所 右:チップ工場

ガス化プラント(完成予想パース)

輪島バイオマス発電所

建築中の様子(2018年4撮影)

チップ工場

チップ工場(完成済)